サービス評価(読み)さーびすひょうか(英語表記)evaluation of library service

図書館情報学用語辞典 第5版「サービス評価」の解説

サービス評価

図書館サービスの実態について点検ならびに測定し,その成否,実施の状況,目標の達成度,効果などについて判断すること.図書館職員の評価,コレクションの評価とともに,図書館評価の一部をなす.サービス評価は図書館経営の一環であり,実施したサービスを総括する際に行われる.また,サービスを改善したり新たなサービス計画を立案したりするために必要となる.用いられる手法としては,統計数値の活用,サービス指標やそのパフォーマンスの測定,利用者を対象とした質問紙調査や観察調査の実施などがあり,量的ならびに質的な側面を対象とした検討がなされる.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android