コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザマフシャリー al-Zamakhsharī, Abū al-Qāsim Maḥmūd

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ザマフシャリー
al-Zamakhsharī, Abū al-Qāsim Maḥmūd

[生]1075.3.8. フワーリズム
[没]1144.6.14. フワーリズム
イスラムの神学者,言語学者。創造されたコーランの学説を唱えるムータジラ派の神学を学び,コーランの注釈『啓示された真理の解明』 al-Kashshāf `an ḥaqā'iq al-tanzīlを著わした。ほかにアラビア語の文法書や格言集の著作がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ザマフシャリー【al‐Zamakhsharī】

1075‐1144
ホラズム生れのイラン系の神学者,文献学者。西方へ遊学し,メッカ巡礼の後,主として郷里で活躍した。神学的には異端のムータジラ派に属していたが,文献学者・文法学者として優れ,コーランの文体論的研究によってその奇跡性を明らかにした。そのコーラン注釈書(タフシール)は,文法学的説明の正確さにおいて,スンナ派の学者の間でも広く用いられてきた。【中村 広治郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ザマフシャリーの関連キーワード労働契約の期間沈括藤原通俊高度プロフェッショナル制度覚行法親王韓琦希臘後拾遺和歌集自律的労働時間制度源頼義