コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザル・テペ ザル・テペZar-Tepe

1件 の用語解説(ザル・テペの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ザル・テペ
Zar-Tepe

ウズベキスタン,テルメズの北西 26kmの地点にあるクシャン時代の都城址。約 400m四方の城壁に囲まれていた。北東隅に内城址がある。 1949~52年考古学者 L.I.アルバウムによって調査され,72年以後は M.マッソンを長とするバクトリア調査団によって発掘された。城壁内の中央に 12の円柱のある広間をもった大建築物の跡があり,そこからヘリオクレス模造貨幣を含む約 300点の古銭が発見された。城壁の下部には仏教の小寺院址があり,仏頭や灯明台が出土した。ザル・テペは前1世紀に構築され,5~6世紀に滅亡したと推定されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ザル・テペの関連キーワードアールツーデイーフォークテシフォン黄石新河岸川マツダキャロル360クリアウォーター湖金華山屈斜路湖久美浜湾黄石

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone