コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザル・テペ Zar-Tepe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ザル・テペ
Zar-Tepe

ウズベキスタン,テルメズの北西 26kmの地点にあるクシャン時代の都城址。約 400m四方の城壁に囲まれていた。北東隅に内城址がある。 1949~52年考古学者 L.I.アルバウムによって調査され,72年以後は M.マッソンを長とするバクトリア調査団によって発掘された。城壁内の中央に 12の円柱のある広間をもった大建築物の跡があり,そこからヘリオクレス模造貨幣を含む約 300点の古銭が発見された。城壁の下部には仏教の小寺院址があり,仏頭灯明台が出土した。ザル・テペは前1世紀に構築され,5~6世紀に滅亡したと推定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ザル・テペの関連キーワードウズベキスタン

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android