ザーグロス山脈(読み)ざーぐろすさんみゃく(英語表記)Reshteh-ye KŪh-hāye Zāgros

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ザーグロス山脈
ざーぐろすさんみゃく
Reshteh-ye Kh-hye Zgros

イラン北西部から南東部に走り、イラン高原の南西縁辺を形成する褶曲(しゅうきょく)山脈。延長約1600キロメートル、幅160~320キロメートル、3000メートル級の山が多い。最高峰は4547メートルのザルデ山。南西斜面部のフーゼスターン地方は世界の大油田地帯の一つで、ケルマーンシャーとシーラーズがこの山岳地域にある大都市である。この地域の人口は約500万と推定され、その大部分はクルド人、ロル人、バフチアリ人などの遊牧民で、彼らは冬は温暖の地、夏は冷涼の地へと長い距離を毎年定期的に家畜を連れて移動する。平地部では麦類、綿花、タバコなどが栽培されている。[岡正孝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android