コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シアリダーゼ シアリダーゼ sialidase

2件 の用語解説(シアリダーゼの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シアリダーゼ
シアリダーゼ
sialidase

糖蛋白質,糖脂質などに作用して,末端からシアル酸 (ニューラミン酸) を分離する酵素。ニューラミニダーゼ (ノイラミニダーゼ) ともいう。動物臓器のほか細菌やウイルスにも分布し,ウイルスでは分類に利用されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

シアリダーゼ

 [EC3.2.1.18].エキソグリコシダーゼの一種.2,3-,2,4-,2,6-,および2,8-グリコシド結合を加水分解する.糖タンパク質,糖脂質,オリゴ糖の非還元末端からN-またはO-アセチルノイラミン酸(シアル酸)を遊離させる.糖タンパク質に作用した場合,生成物はアシアロ糖タンパク質とよばれる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シアリダーゼの関連キーワードグリコシダーゼグリコールヒアルロニダーゼエキソンパイグリコ グリカル2-オキソグルタル酸ホスホジエステラーゼミキソグラフエクソグリフエキソグリコシダーゼ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シアリダーゼの関連情報