コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シウダード・オブレゴン Ciudad Obregón

1件 の用語解説(シウダード・オブレゴンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シウダード・オブレゴン【Ciudad Obregón】

メキシコ北西部ソノラ州,ヤキ川流域平野の中心都市。人口21万9980(1990)。年降水量400mm以下の乾燥地域であるが,1950年代にアンゴストゥーラ・ダム,オブレゴン・ダムの建設により,ヤキ川流域の24万haが,小麦,綿花,米などを産する灌漑農業地域として発展し,人口も60‐70年に3倍に増加した。メキシコ市と国境都市ノガレスとを結ぶ道路・鉄道が通じる交通の要地である。【栗原 尚子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シウダード・オブレゴンの関連キーワード砺波平野メキシコ湾メキシコ湾流モンテレーメキシコ地震アメリカメキシコ戦争ニューメキシコメキシコ銀メキシカンメキシコ・セット

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone