コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェア・クロッパー share cropper

世界大百科事典 第2版の解説

シェア・クロッパー【share cropper】

アメリカで南北戦争後,南部のプランテーション大土地所有制が解体されたあとに形成されていった一種の分益小作農。解放後なんらの生活手段を持たない解放黒人と,奴隷解放によってそれまでの労働力をまったく失ってしまったプランターの双方の利害の模索のなかから,地主側が住居や耕地,種子,農具,家畜などの農耕必需品をクロッパーに提供し,クロッパー側はその代償として,彼自身と家族の労働力で耕作を引き受け,収穫の1/3から2/3近くを地主に支払う分益小作制が形成されていった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android