長田(読み)オサダ

デジタル大辞泉の解説

おさだ〔をさだ〕【長田】

姓氏の一。
[補説]「長田」姓の人物
長田新(おさだあらた)
長田秋濤(おさだしゅうとう)
長田弘(おさだひろし)

ながた【長田】[地名]

神戸市の区名。昭和20年(1945)林田(はやしだ)区と須磨区の一部とを合わせて成立

ながた【長田】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「長田」姓の人物
長田秀雄(ながたひでお)
長田幹彦(ながたみきひこ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

おさ‐だ をさ‥【長田】

〘名〙 (平治の乱に敗れた源義朝をだまして湯殿で殺した長田忠致(ただむね)がきわめて臆病であったと伝えられたところから) 臆病者をいう。
雑俳・千枚分銅(1704)「例の長田がそりゃ出る出る娘みてあいつは町には置れまい」

おさだ をさだ【長田】

(「おさた」とも) 姓氏の一つ。

なが‐た【長田】

[1] 〘名〙 細長い田。一説に田の美称ともいう。
書紀(720)神代上(兼方本訓)「即ち、其の稲(いな)を以て始めて天(あま)の狭田(さた)、及び、長田(ナカタ)を殖ふ」
[2] 神戸市の行政区の一つ。昭和二〇年(一九四五)林田区と須磨区の一部が合体して成立。区中南部、中央部を苅藻川が南流する。北部は住宅地、南部は工業地域。長田神社がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の長田の言及

【向原[町]】より

…町域南部は平安時代末期には厳島神社領とされており,中世には一帯に毛利氏の勢力が及び,古吹(こぶき)ヶ城(有富氏),日下津(ひげつ)城(坂氏)など毛利氏一族の城もあった。江戸時代,長田には三篠川舟運の港があり,川筋一帯の年貢米や鉄などが広島城下に運ばれた。良質の米を産するが,林業が盛んで造林が推進され,木材,パルプ材を出荷する。…

※「長田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長田の関連情報