コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェーンブルン宮殿庭園 シェーンブルンきゅうでんていえんGarten Schönbrunn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シェーンブルン宮殿庭園
シェーンブルンきゅうでんていえん
Garten Schönbrunn

1753~75年にオーストリア,ウィーンのシェーンブルン宮殿に付設してつくられたフランス式幾何学庭園。設計者は A.ステックホーベンと J.ホーエンベルク。規模においてベルサイユ宮庭園に迫るものであり,技巧においても一連の装飾花壇やテラス,大刈込み,大噴水池など,先例になぞらえる部分が多い。宮殿から徐々に上る緩斜面上に庭園を展開させ,丘の頂部に空を背景にした古代風建造物を浮かび上がらせている。 1996年宮殿とともに世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シェーンブルン宮殿庭園の関連キーワード大英博物館高橋孫兵衛吉住小三郎大英博物館銚子醤油フランクリン(Benjamin Franklin)ラランド(Joseph Jérôme Lefrançois de Lalande)日本の民家宝暦治水阿部将翁

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android