コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シオヤアブ シオヤアブPromachus yesonicus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シオヤアブ
Promachus yesonicus

双翅目ムシヒキアブ科。体長 23~30mm。体は黒色で細長く,頭部は黄褐色粉と黄白色長毛でおおわれる。顔面はふくらみ,複眼は大きく,は棒状で突出する。胸部は褐色粉におおわれ,背面中央に2縦条がある。肢は長く,強壮で,脛節のみ黄褐色である。腹部は黒色で各節後縁に細い黄色帯があり,黄色毛が密生して帯斑をなす。雌の腹端は光沢ある黒色で細くとがるが,雄では顕著な白色毛塊がある。翅は透明。夏季普通にみられ,昆虫類を捕食する。北海道,本州,四国,九州,朝鮮に分布する。 (→ムシヒキアブ )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シオヤアブ
しおやあぶ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のシオヤアブの言及

【ムシヒキアブ(食虫虻)】より

…ほとんどが食植性である。日本の代表的なムシヒキアブであるシオヤアブPromachus yesonicus(イラスト)は,全国に分布し,6~9月ころふつうに見られる。甲虫類,とくにコガネムシを好んでとらえる。…

※「シオヤアブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報