コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シオヤトンボ しおやとんぼ

2件 の用語解説(シオヤトンボの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シオヤトンボ
シオヤトンボ

シオカラトンボ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シオヤトンボ
しおやとんぼ / 塩屋蜻蛉
[学]Orthetrum japonicum japonicum

昆虫綱トンボ目トンボ科に属する昆虫。近縁のシオカラトンボに似ているが、それより小形で腹部が太く、成熟雄は腹部全体が蒼白(そうはく)粉を帯びる。雌は麦藁(むぎわら)色。北海道から九州南端まで分布し、別亜種タイワンシオヤトンボは対馬(つしま)および朝鮮半島より中国を通じてヒマラヤ地方まで広がる。日本では3月下旬より出現するが夏季には姿を消す。平地・低山地の普通種で、幼虫が低山地の停水に生息するため汚染によって減少した。[朝比奈正二郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のシオヤトンボの言及

【シオカラトンボ(塩辛蜻蛉)】より

…南北アメリカにはこの属のものはいない。日本では,同属の種としては,シオヤトンボ,オオシオカラトンボ,ミヤジマトンボ,ハラボソトンボ,ホソミシオカラトンボ,コフキショウジョウトンボなどがあり,最後の3種は琉球諸島に見られる南方種,またシオヤトンボとオオシオカラトンボは種としては日本,中国,ヒマラヤ地方まで分布する。【朝比奈 正二郎】。…

※「シオヤトンボ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シオヤトンボの関連情報