コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シオヤトンボ しおやとんぼ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シオヤトンボ
しおやとんぼ / 塩屋蜻蛉
[学]Orthetrum japonicum japonicum

昆虫綱トンボ目トンボ科に属する昆虫。近縁のシオカラトンボに似ているが、それより小形で腹部が太く、成熟雄は腹部全体が蒼白(そうはく)粉を帯びる。雌は麦藁(むぎわら)色。北海道から九州南端まで分布し、別亜種タイワンシオヤトンボは対馬(つしま)および朝鮮半島より中国を通じてヒマラヤ地方まで広がる。日本では3月下旬より出現するが夏季には姿を消す。平地・低山地の普通種で、幼虫が低山地の停水に生息するため汚染によって減少した。[朝比奈正二郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のシオヤトンボの言及

【シオカラトンボ(塩辛蜻蛉)】より

…南北アメリカにはこの属のものはいない。日本では,同属の種としては,シオヤトンボ,オオシオカラトンボ,ミヤジマトンボ,ハラボソトンボ,ホソミシオカラトンボ,コフキショウジョウトンボなどがあり,最後の3種は琉球諸島に見られる南方種,またシオヤトンボとオオシオカラトンボは種としては日本,中国,ヒマラヤ地方まで分布する。【朝比奈 正二郎】。…

※「シオヤトンボ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android