コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シッダールタ Siddhartha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シッダールタ
Siddhartha

ドイツの作家 H.ヘッセの小説。 1922年刊。若いバラモンのシッダールタは,禁欲思索のみによっては解脱しえないと認識するが,感覚の世界のはては生の倦怠と自己嫌悪であった。自殺しようとした川のほとりで,流転不易の水の流れに万象の統一を悟る。作者の内面志向と東洋理解を示す作品。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のシッダールタの言及

【釈迦】より

… インド・ネパール国境沿いの小国カピラバストゥKapilavastuを支配していた釈迦(シャーキャ)族の王シュッドーダナŚuddhodana(浄飯(じようぼん)王)とその妃マーヤーMāyā(麻耶)の子としてルンビニー園で生まれた。姓はゴータマGotama(釈迦族全体の姓),名はシッダールタSiddhārtha(悉達多)。生後7日目に母を失い,以後は叔母(実は継母でもある)マハープラジャーパティーに育てられた。…

※「シッダールタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シッダールタの関連キーワードニコラ ル・リッシュアンベードカルマハービーラジャイナ教開元占経夢枕獏帝釈天仏教釈迦仏陀

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android