倦怠(読み)けんたい

精選版 日本国語大辞典「倦怠」の解説

けん‐たい【倦怠】

〘名〙
① 飽きておこたること。いやになってなまけること。〔文明本節用集(室町中)〕
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉四「の念なく〈略〉日夜団栗(どんぐり)のスタビリチーを研究し」 〔斉書‐虞玩之〕
② 心身が疲れてだるくなること。
※全九集(1566頃)三「小兎糸子円腎虚し、目まい耳鳴り、手足倦怠(ケンタイ)

うみ‐おこた・る【倦怠】

〘自ラ四〙 飽きておろそかになる。
※古活字本毛詩抄(17C前)一六「物をよくつとめて、ち共倦怠る事のないは、文王の令聞ぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「倦怠」の解説

けん‐たい【×倦怠】

[名](スル)
物事に飽きて嫌になること。飽き飽きすること。「倦怠期」
心身が疲れてだるいこと。「倦怠感」
[類語]飽きる倦む食傷飽き飽きうんざり退屈鼻に付くげんなり懲り懲り辟易閉口まっぴら疲労疲れ困憊過労疲弊くたびれ疲憊ひはい困弊こんぺい所労心労気疲れ気苦労旅疲れ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android