倦怠(読み)ケンタイ

デジタル大辞泉の解説

けん‐たい【×倦怠】

[名](スル)
物事に飽きて嫌になること。飽き飽きすること。「倦怠期」
心身が疲れてだるいこと。「倦怠感」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けんたい【倦怠】

( 名 ) スル
あきていやになること。 「彼と相対するときは、-せしめざる程の事我掌中に在り/即興詩人 鷗外
心身がつかれてだるいこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うみ‐おこた・る【倦怠】

〘自ラ四〙 飽きておろそかになる。
※古活字本毛詩抄(17C前)一六「物をよくつとめて、ち共る事のないは、文王の令聞ぞ」

けん‐たい【倦怠】

〘名〙
① 飽きておこたること。いやになってなまけること。〔文明本節用集(室町中)〕
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉四「毫も倦怠の念なく〈略〉日夜団栗(どんぐり)のスタビリチーを研究し」 〔斉書‐虞玩之〕
② 心身が疲れてだるくなること。
※全九集(1566頃)三「小兎糸子円腎虚し、目まい耳鳴り、手足倦怠(ケンタイ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

倦怠の関連情報