シナサツキ(読み)しなさつき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シナサツキ
しなさつき
[学]Rhododendron simsii Pl.

ツツジ科の半寄生の低木。高さ1~2メートル。葉は卵状楕円(だえん)形で長さ3~5センチメートル、先はとがり、両面に褐色の粗い毛がある。4~5月、枝先に数個の花を開く。花冠は朱紅色ときに紅紫色、漏斗(ろうと)形で5裂し、径4~5センチメートル。雄しべは10本。萼片(がくへん)は小さく5裂する。果実は卵形で褐色の剛毛が密生する。低地の林縁に生え、屋久(やく)島、沖縄、および中国に分布する。アザレア類の作出の親として使われ、多くの交雑品種がつくられている。シナサツキとあるが、サツキの仲間ではなく、別名をシナヤマツツジまたはタイワンヤマツツジともいい、日本のヤマツツジにもっとも近縁である。[山崎 敬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android