シフォン・ベルベット(読み)しふぉんべるべっと(英語表記)chiffon velvet

日本大百科全書(ニッポニカ)「シフォン・ベルベット」の解説

シフォン・ベルベット
しふぉんべるべっと
chiffon velvet

薄地のベルベットの一種。地の経緯(たてよこ)糸に絹糸を使い、パイル経にはレーヨン、人絹糸などを使って経二重(にじゅう)組織にしたパイル織物シフォンとは地薄の透いてみえる一種の経緯縮緬(ちりめん)のことであるが、これをベルベットなどのパイル織物に冠したのは、ベルベットとしては地薄という意味からである。種類としては、地の絹糸とパイルのレーヨン糸との染着性の相違を利用した玉虫調のものや、エンボス加工により模様を出したものなどがあり、軽くて比較的柔らかな地合いであるため利用度も高く、また最近では合成繊維だけのものも生まれている。用途は、婦人服地、肩掛け、装飾品などである。

[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android