コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シマウツボ(島靫) シマウツボOrobanche boninsimae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シマウツボ(島靫)
シマウツボ
Orobanche boninsimae

ハマウツボ科寄生植物で,小笠原諸島の山林中に生じる。地下に塊茎があり,花期 (2~3月と9~10月) にだけ地上茎が現れる。地上茎は全体が鮮かな黄色で高さ 10~15cm,多数の鱗片葉におおわれる。茎の上半部は伸長して花序となり,各鱗片葉の葉腋に長さ2~4cmの筒形二唇形の花をつける。花冠をはさんで2枚の萼片があり,おしべは4本。いずれも黄金色をしている。蒴果は長さ1~1.5cmの楕円形褐色,開裂して無数の微細な種子を出す。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android