コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シマジン シマジン Simazin

2件 の用語解説(シマジンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シマジン
シマジン
Simazin

CATともいう。正式化学名2,4-ビス (エチルアミノ) -6-クロロ-1,3,5-トリアジン。除草剤。白色結晶,融点 226~227℃,水に難溶,メタノールなどにやや溶ける。非ホルモン型根部吸収移行性の土壌処理剤で,畑作の雑草防除に用いる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

シマジン【simazine】

1955年,スイスのガイギー社によって開発されたトリアジン系除草剤CATともいう(2‐chloro‐4,6‐bis(ethylamino)‐1,3,5‐triazineの略称)。光合成阻害を主要な作用機構とする除草剤で,畑作,果樹園,非耕地の雑草防除に用いられる。シマジンのほかに,アトラジン(商品名ゲザプリム,Primatol A),シメトリン(商品名ギーボン),アメトリン(商品名ゲザパックス),プロメトリン(商品名ゲザガード,Primatol Q),ジメタメトリン(混合剤アビロサンの一成分)などの同系列の除草剤が開発されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のシマジンの言及

【除草剤】より

…すなわち,イネには無害であるがメヒシバ,ノビエなどイネ科雑草に効果を示し,広葉雑草に対しても殺草作用を有するので,田植直後の水田除草剤として使用される。トリアジン系除草剤には多数の同族体が開発されており,シマジン,アトラジン,シメトリンなどは畑作,果樹園,非農地の除草に用いられる。とくにシマジン,アトラジンはトウモロコシには殺草活性を示さないことで知られている。…

※「シマジン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シマジンの関連キーワード海水魚概数水食スインギー外水スイスイ片山利弘チバ・ガイギー[会社]ガイギー[会社]ジャケ・ドロー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone