コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シマジン Simazin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シマジン
Simazin

CATともいう。正式化学名2,4-ビス (エチルアミノ) -6-クロロ-1,3,5-トリアジン除草剤。白色結晶,融点 226~227℃,水に難溶,メタノールなどにやや溶ける。非ホルモン型根部吸収移行性の土壌処理剤で,畑作の雑草防除に用いる。土壌表面に吸着されるのでおもに雑草発芽時に殺草作用が高く,生育中の茎葉からの吸収はなく最も接触害が少い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シマジン【simazine】

1955年,スイスのガイギー社によって開発されたトリアジン系除草剤。CATともいう(2‐chloro‐4,6‐bis(ethylamino)‐1,3,5‐triazineの略称)。光合成阻害を主要な作用機構とする除草剤で,畑作,果樹園,非耕地の雑草防除に用いられる。シマジンのほかに,アトラジン(商品名ゲザプリム,Primatol A),シメトリン(商品名ギーボン),アメトリン(商品名ゲザパックス),プロメトリン(商品名ゲザガード,Primatol Q),ジメタメトリン(混合剤アビロサンの一成分)などの同系列の除草剤が開発されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のシマジンの言及

【除草剤】より

…すなわち,イネには無害であるがメヒシバ,ノビエなどイネ科雑草に効果を示し,広葉雑草に対しても殺草作用を有するので,田植直後の水田除草剤として使用される。トリアジン系除草剤には多数の同族体が開発されており,シマジン,アトラジン,シメトリンなどは畑作,果樹園,非農地の除草に用いられる。とくにシマジン,アトラジンはトウモロコシには殺草活性を示さないことで知られている。…

※「シマジン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シマジンの関連キーワード光合成阻害型除草剤水質汚濁水質基準農薬類

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android