コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シモンズタウン シモンズタウン Simonstown

3件 の用語解説(シモンズタウンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シモンズタウン
シモンズタウン
Simonstown

南アフリカ共和国西ケープ州南西部にある海軍基地の町。アフリカーンス語では Simonstad。喜望峰のある半島の東部,ケープタウン南方約 40kmに位置し,フォルス湾に臨む。17世紀末のオランダ人総督シモン・ファン・デル・ステルにちなんで命名され,1741年からはオランダ,1814年から 1968年2月まではイギリスの海軍基地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

シモンズタウン(Simonstown)

サイモンズタウン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シモンズタウン
しもんずたうん
Simonstown

南アフリカ共和国の南西端、ケープ半島の東側にある軍港町。人口6340(1983)。1742年に開港し、オランダ東インド会社総督シモン・ファン・デル・ステル(1639―1712)にちなみ命名された。イギリスのケープ占領以来ケープ航路の重要な拠点となったが、1957年南アフリカ海軍の領有となり、同時にシモンズタウン協定によってイギリス海軍の利用を許可した。しかし、イギリスは労働党政権のとき南アフリカ共和国への武器輸出を停止したため、同協定は破棄された。現在アラブの石油をヨーロッパに運ぶ大型タンカーの重要な通過寄港地となっている。[林 晃史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シモンズタウンの関連キーワードアガラス岬ケープタウンワインランドダーリン南アフリカオバーバーグサルダナスワートランドマルムスベリーモッセルベイ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone