コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャイアン族 シャイアンぞくCheyenne

翻訳|Cheyenne

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャイアン族
シャイアンぞく
Cheyenne

北アメリカインディアンの一民族。シャイエンヌ族とも呼ばれる。言語はアルゴンキン語群に属し,17世紀にはミネソタ州中部に居住,狩猟と採集を生業としていたが,ヨーロッパ人に追われて 18世紀には大平原西部に移住した。 1780~1830年頃にブラックヒルズ近辺で特有の平原文化を発展させた。氏族制はもたないが,春には太陽踊り,聖なる矢,バッファロー・ハットの三大祭礼のために集合し,そのあとで共同野牛狩りを行なった。今日では約 2000人の北シャイアン族がモンタナ州南東のトンガ川指定居留地に,約 3000人の南シャイアン族がオクラホマ州に居住している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シャイアンぞく【シャイアン族 Cheyenne】

北アメリカ大平原に居住するアルゴンキン系言語を話すインディアン。もと五大湖地方西部のミネソタ州付近の森林地帯で小規模な農耕と狩猟・採集に従事していたが,18世紀に西進するオジブワ,スー諸族に圧迫されて大平原に進出した。馬をとり入れ,その機動性を利用してバイソン狩猟を中心とする狩猟民に変質。19世紀後半に土地をめぐって合衆国陸軍と衝突したことで知られる。人口は約5000人(1970)で,モンタナ州とオクラホマ州の保留地に住む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のシャイアン族の言及

【アメリカ・インディアン】より

…そして,バイソンが最も特徴的な大型動物であった。 この領域のおもな原住民はクロー族シャイアン族,カイオワ族などであるが,伝統的には河岸段丘の上で小規模な農耕を行い,季節的には野生植物の採集を行った。また,徒歩によるバイソンの狩猟も行われていた。…

※「シャイアン族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シャイアン族の関連キーワードエドワード・アダムソン ホーベルリトルビッグホーンの戦い北アメリカインディアンサンドクリークの虐殺レッド・クラウド平原インディアンシティング・ブルアルゴンキン族アラパホー族カスター

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シャイアン族の関連情報