コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャイレンドラ Śailendra

世界大百科事典 第2版の解説

シャイレンドラ【Śailendra】

750年から832年まで,インドネシアの中部ジャワに君臨したといわれる王朝。サンスクリットでシャイラは山,インドラは王ないし支配者を意味するので,東南アジアに広く分布する〈山の信仰〉と関連があると考えられる。1963年にジャワ中部北岸で発見された古代マレー語の碑文に,熱烈なシバ教徒であるセレンドラという名が見られ,碑文の使用言語から見てスマトラ南部のスリウィジャヤ国から来た植民者の首領と考えられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のシャイレンドラの言及

【インドネシア】より

…スリウィジャヤは仏教国で,仏教布教の一中心地を形成していた。また8世紀以降ジャワ島中部には仏教国シャイレンドラとヒンドゥー王国マタラムが興り,ボロブドゥール石仏寺院やプランバナン寺院群など多くの石造の宗教建築が建立された。その後王国の興亡の中心はジャワ島中部からジャワ島東部へ移行するとともに,王国の性格もヒンドゥー的性格とジャワ古来の諸要素が混交する傾向が強まっていった。…

【仏像】より

… 東南アジアの仏教彫刻で最も評価の高いのはインドネシア,ことに中部ジャワのそれである。中部ジャワでは大乗仏教徒であったシャイレンドラ朝の諸王によって8~9世紀に造形活動は頂点に達し,典雅で迫力のある彫刻を生んだ。なかでもチャンディ・ムンドゥットの本尊である高さ約3mの仏倚座(きざ)像とその脇侍(きようじ)菩薩は均整のとれた体軀に力がみなぎり,東南アジアの仏像の最高傑作と称賛され,その外壁の密教系の浮彫菩薩像もすぐれている。…

※「シャイレンドラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シャイレンドラの関連キーワードチャンディ・ムンドゥットボロブドゥル寺院遺跡群ボロブドゥール遺跡ボロブドゥールカラサン寺院

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android