コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャターリン案 シャターリンあん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャターリン案
シャターリンあん

1990年9月,ソ連大統領会議メンバーのシャターリンが,ペトラコフ,ヤブリンスキーほか 10数名のグループで作成した急進的経済改革案。 500日で市場経済化を達成することを目標にしており,「500日計画」ともいわれる。市民の経済活動の権利,企業の経済活動自由化,共和国の経済主権など6つの原則を柱としたうえで,最初の 100日には土地の私有化,大企業の民営化,財政赤字の削減など,100日から 250日には価格の自由化,商業・飲食サービス業の民営化,独占企業の解体,財政赤字ゼロ化など,250日から 400日までは工業,輸送,サービス業の 30~60%民営化,住宅改革,ルーブルと外貨の国内自由交換性など,400日から 500日には工業・企業の 70%,その他の産業,サービス業の 80~90%の民営化,独立労組の助成などを実行することを提案している。しかし,ゴルバチョフはこれをそのまま採用せず,対抗する政府案との折衷をはかり,大幅に修正した案を採用した。シャターリンらはこれに不満をもちゴルバチョフ指導部を去った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シャターリン案の関連キーワードグリゴリー ヤヴリンスキーペレストロイカ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android