コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャトールー Châteauroux

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャトールー
Châteauroux

フランス中部,アンドル県県都ロアール川の支流アンドル川にのぞみ,パリとツールーズを結ぶ鉄道,道路が通じる。金属,たばこ,化学薬品などの製造が行われる。都市の名は 10世紀末に築かれたラウル城 (シャトー) に由来するが,現在県庁舎となっている同名の城は 15世紀のもの。人口5万 2949 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャトールー
しゃとーるー
Chteauroux

フランス中部、アンドル県の県都。パリの南151キロメートル、アンドル川沿いにある。人口4万9632(1999)。行政と商業の中心地。羊毛製品、農業機械、紙製品、食品、たばこ、皮革を産する。第一帝政(ナポレオン治世)下の将軍ベルトランHenri Gratien Bertrand(1773―1844)はこの町の出身で、彼の邸(やしき)はナポレオンの記念品や絵画を収集した博物館になっている。ほかに、13世紀のコルドリエ教会、12~15世紀のサン・マーシャル教会、地名の由来となった15世紀のラウル城(シャトー・ラウルChteau Raoul)がある。[大嶽幸彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シャトールーの関連キーワードジェラール ドパルデューパトリック エムボマアンリ ピシェットシャトールー公夫人モーリス ロリナドパルデューピシェット

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android