コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャトールー シャトールー Châteauroux

2件 の用語解説(シャトールーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャトールー
シャトールー
Châteauroux

フランス中部,アンドル県の県都。ロアール川の支流アンドル川にのぞみ,パリとツールーズを結ぶ鉄道,道路が通じる。金属,たばこ,化学薬品などの製造が行われる。都市の名は 10世紀末に築かれたラウル城 (シャトー) に由来するが,現在県庁舎となっている同名の城は 15世紀のもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャトールー
しゃとーるー
Chteauroux

フランス中部、アンドル県の県都。パリの南151キロメートル、アンドル川沿いにある。人口4万9632(1999)。行政と商業の中心地。羊毛製品、農業機械、紙製品、食品、たばこ、皮革を産する。第一帝政ナポレオン治世)下の将軍ベルトランHenri Gratien Bertrand(1773―1844)はこの町の出身で、彼の邸(やしき)はナポレオンの記念品や絵画を収集した博物館になっている。ほかに、13世紀のコルドリエ教会、12~15世紀のサン・マーシャル教会、地名の由来となった15世紀のラウル城(シャトー・ラウルChteau Raoul)がある。[大嶽幸彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャトールーの関連キーワードアンボアーズロアール川ロシュロシュ城トゥールアゼールリドー城アンボアーズ城クロリュセ城ロアール渓谷トゥーレーヌ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シャトールーの関連情報