コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャンデルナゴル Chandernagor

百科事典マイペディアの解説

シャンデルナゴル

チャンダンナガル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

シャンデルナゴル【Chandernagor】

インド北東部の都市。1673年フランス東インド会社が植民地を建設、商業活動の拠点となった。1952年インドに返還。ジュート工業が盛ん。チャンダンナガル。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャンデルナゴル
しゃんでるなごる

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のシャンデルナゴルの言及

【チャンダンナガル】より

…チャンデルナゴルとも呼ばれる。旧フランス領シャンデルナゴルChandernagore。人口12万(1991)。…

※「シャンデルナゴル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シャンデルナゴルの関連キーワードフランス東インド会社デュプレックスデュプレクスパリ条約

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android