コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャーナーイ shahnāi

3件 の用語解説(シャーナーイの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

シャーナーイ【shahnāi】

北インドの複簧ふくこう楽器。木製で八~九孔をもち、開口部は朝顔状に開く。西アジアのスルナイ、東南アジアのスルナイ、中国の嗩吶スオナー・さない、また日本のチャルメラは同種の楽器。シャハナイ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シャーナーイ

インドオーボエ木管楽器。シャハナーイーとも。管の先端はらっぱ形に開いている。南インドの同様の楽器はナーガスワラム。木管の表面を銀板でおおってあるものもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャーナーイ
しゃーなーい
shahni

北インドおよびその隣接地域のダブルリード(ときに四重リード)の気鳴楽器。シャーナイ、シャハナイともいう。ペルシアスルナイトルコを経て伝来したものとされる。なだらかな円錐(えんすい)型の木管の先に金属製のベルがついていて、全長約35~60センチメートル、通常、前面に8ないし9孔があり、裏面には管孔はない。音程を一定にする目的で、上部7孔のみを演奏に用い、残りはワックスを詰めるか、あけたままにする。元来、吉兆を示す楽器とされ、野外の儀式などで用いられたが、近年ドローン用のシャーナーイやタブラ(太鼓)などとともに古典音楽にも使われるようになった。[柴田典子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャーナーイの関連キーワードオーボエ金管楽器篳篥イングリッシュホルンウインドサキソホンズルナ木管オーボエダモーレ哨吶

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone