コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュナイダーハン Schneiderhan, Wolfgang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュナイダーハン
Schneiderhan, Wolfgang

[生]1915.5.28. ウィーン
[没]2002.5.18. ウィーン
オーストリアのバイオリニスト。 10歳頃から演奏活動を始め,ウィーン交響楽団,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサート・マスターとして,また教師として,ウィーン楽壇で活躍。 1948年以降,ザルツブルクルツェルンの夏期マイスター・クラスを指導,ルツェルン祝祭弦楽団をつくりあげた。 1965年初来日。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュナイダーハン
しゅないだーはん
Wolfgang Schneiderhan
(1915―2002)

オーストリアのバイオリン奏者。ウィーンに生まれ、1926年コペンハーゲンでデビュー以来、ヨーロッパ各地で天才少年として評判になった。ウィーン交響楽団(33~37年)、ウィーン・フィルハーモニー(37~51年)のコンサートマスターを務め、シュナイダーハン弦楽四重奏団を主宰(37~51年)、さらにE・フィッシャーマイナルディとピアノ三重奏団をつくり(49~60年)、室内楽でも活躍した。56年弟子のバウムガルトナーRudolf Baumgartner(1917―2002)とルツェルン音楽祭弦楽合奏団Festival Strings Lucerneを結成し、75年にはオペラを指揮した。1965年(昭和40)初来日。独奏者としては優雅で繊細な表現を持ち味としたが、情熱的な力で押してゆくことをしないため、第二次世界大戦後の聴衆には真価を理解されないうらみがあった。夫人はオーストリアが生んだ名ソプラノ、イルムガルト・ゼーフリート[岩井宏之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シュナイダーハンの関連キーワードルードルフ バウムガルトナーイルムガルト ゼーフリート5月28日

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android