コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュヒリン Schüchlin, Hans

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュヒリン
Schüchlin, Hans

[生]?
[没]1505. ウルム
15世紀後半ドイツのウルムで活躍した画家。伝記はほとんど不明。キリストの受難およびマリア伝を描いたティーフェンブロンの聖堂祭壇画 (1469) が唯一の確証ある作品。その様式はニュルンベルクの画家ボールゲムートおよびフランドル派との関連を示している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シュヒリンの関連キーワードボス近衛政家イワンリーメンシュナイダー梅枝イワン[3世]ビジャヤナガル王国イワンアルメイダイワン3世(大帝)

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android