コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランドル派 フランドルハ

大辞林 第三版の解説

フランドルは【フランドル派】

一五世紀から一七世紀にかけてフランドル地方に栄えた美術、とりわけ絵画の流派。忠実な自然観察・激情的表現が特色。ブリューゲル・ルーベンス・ファン=ダイクらがその代表。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

フランドル派の関連キーワードブリュージュのノートルダム教会メロッツォ・ダ・フォルリウィルトンの二連衝祭壇画ヨース・ファン・ヘントエルミタージュ美術館ブリュージュ歴史地区シュピッツウェーク国際ゴシック様式アントウェルペンギルランダイオネーデルラントスペイン美術ファンアイクプラド美術館クァールトンヨーク(公)ブロウエルクレーディベルギー史モノワイエ

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フランドル派の関連情報