コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イワン Ivan

翻訳|Ivan

デジタル大辞泉の解説

イワン(Ivan)

(1世)[?~1340]キプチャク‐ハン国支配時代のロシアのモスクワ公、ウラジーミル大公。在位1325~1340。ハン国に取り入り、多くの新領土をモスクワ公国に加えた。
(3世)[1440~1505]モスクワ大公。在位1462~1505。ロシア全土をほぼ統一。ロシア法典を編纂し、初めて「ツァーリ」の称号を用いた。イワン大帝。
(4世)[1530~1584]初代ロシア皇帝。在位1533~1584。の孫。君主専制権を強化し、周辺地の征服を宿願とした。外国から学者や技術者を招き、モスクワに初めて印刷所を設けるなど文化的業績も多い。残忍・狂暴なところから、イワン雷帝ともいわれる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

イワン【Ivan】

(三世)(1440~1505) モスクワ大公(在位1462~1505)。モスクワを中心としたロシア統一を達成。ビザンツ帝国の後継者を任じ、ギリシャ正教を擁護。
(四世)(1530~1584) モスクワ大公(在位1533~1584)。通称、イワン雷帝。の孫。1547年、初めて正式にツァーリを呼称。専制を強化し貴族を弾圧、雷帝と呼ばれる。カザン・アストラハン両汗国を併合し領土を拡大。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

イワンの関連キーワードアナスターシア・ロマーノブナアンドレイ・ルブリョフトレチヤコフ国立美術館ウスペンスキー大聖堂偽ドミトリー[1世]フェラポントフ修道院エイゼンシュテインソルジェニーツィンストロガノフ[家]クルシャリフモスクカラマーゾフの兄弟ボリス・ゴドゥノフイヴァン(1世)エフィム ドロシイヴァン(3世)ジョン グレアムイヴァン(4世)モスクワ・ロシアイワン・カリタジェンキンソン

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イワンの関連情報