コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルム Ulm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウルム
Ulm

ドイツ南西部,バーデンウュルテンベルク州都市。州の東縁,ドナウ川左岸に位置し,対岸にはバイエルン州ノイウルムがある。バイエリッシェアルペンからのイラー川,シュウェービッシェアルプからのブラウ川がドナウ川に流入する地点にあり,町はドナウ川渡河点に成立。854年に王領として記録に現れ,12世紀に都市権を獲得。その後帝国直轄都市,交通の要地を占める商業都市として繁栄。16~17世紀には三十年戦争などの結果衰退し,1802年にバイエルン領,1810年にウュルテンベルク領となったが,20世紀中頃から工業および商業が急速に発展し,上シュウェーベン地方の経済の中心地となった。第2次世界大戦では大きな被害を受けたが,重要な建造物は大部分が修復された。高さ 161mの尖塔をもつゴシック様式のウルム大聖堂(1377着工,1890修復完工)は戦災を免れ,ほかに 1370年建築の市庁舎,1594年建築の穀物取引所などがある。工業では自動車,機械,電機などの製造業が盛ん。人口 12万2801(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ウルム(Ulm)

ドイツ南部、バーデン‐ビュルテンベルク州の都市。ドナウ川と支流のブラウ川の合流地点に位置し、中世より水運およびドイツ南北を結ぶ交通の要衝として発展。教会の塔としては世界一の高さを誇るウルム大聖堂が広く知られている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ウルム

ドイツ,バーデン・ビュルテンベルク州東端,ドナウ川左岸の都市。自動車・機械・電機・繊維工業が行われる。1376年に結成されたシュワーベン都市同盟では中心的な役割を果たした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウルム【Ulm】

ドイツ南西部,バーデン・ビュルテンベルク州の都市。人口11万5000(1995)。8世紀後半にドナウ川の渡河地点に設けられた軍事的基地に端を発し,854年には王宮所在地として文献にあらわれる。11世紀には宮廷会議がしばしば開催され,シュタウフェン朝の下でシュワーベン地方の中心的都市となった。1163‐81年の間に都市法を獲得,14~15世紀には経済的・文化的最盛期を経験,シュワーベン都市同盟や宗教改革期のシュワーベン同盟のなかで指導的役割を果たした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ウルム【Ulm】

ドイツ南部の都市。一四~一五世紀に、経済的・文化的に繁栄。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウルム
うるむ
Ulm

ドイツ南部、バーデン・ウュルテンベルク州の都市。ドナウ川の左岸、支流のブラウ川との合流地点にある。人口11万7200(2000)。対岸はバイエルン州に属するノイ・ウルムNeu-Ulm(人口5万0200)。北側には、緩い起伏のシュワーベン・アルプスの丘陵地が広がる。中世には、ドナウ川沿いの交易路とドイツを南北に貫く交易路の通過地として栄え、神聖ローマ帝国直轄都市であった。とくに14~15世紀には、商工業に加えて芸術や印刷術も栄えた。161メートルの高さを誇るウルム大聖堂(1890完成)は有名。工業では、自動車、電気機器、金属、繊維、衣料品などに特色がある。医学・自然科学系大学(1967)や環境計画研究所(1969)のほか、各種教育施設も立地する。[朝野洋一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ウルムの関連キーワードエコール・ノルマル・シュペリウールロージェリーバース遺跡シュウェンクフェルトウィスコンシン氷期リス=ウルム間氷期ラフェラシー遺跡ルムスティエ遺跡ラマドレーヌ遺跡アインシュタインジェベリルー頭骨マドレーヌ文化シュトリーゲルハイデンハイムフェーダーマンムスティエ文化ツァイトブロムギュンツ氷期ガリラヤ遺跡東京造形大学ミコック文化

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウルムの関連情報