コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビジャヤナガル王国 ビジャヤナガルおうこくVijayanagar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビジャヤナガル王国
ビジャヤナガルおうこく
Vijayanagar

南インドのヒンドゥー王国 (1336~1649) 。 13世紀以降,デカン,南インドにあったヤーダバ朝パーンディヤ朝などのヒンドゥー諸王朝は,ムスリムデリー・サルタナットによって攻撃され,次々と滅ぼされていったが,北からのムスリム勢力の攻撃に対抗し,ヒンドゥー勢力を結集してハリハラとブッカの兄弟がビジャヤナガルに都してヒンドゥー王国を創始した。この王国は南インドを代表するヒンドゥー王国としてデカンのバフマニー朝やその分裂後に成立した5王国と戦いを続けた。クリシュナデーバラーヤ王 (在位 1505~29) の時代に最盛期を迎えたといわれるが,その後弱体化し,1565年にはビジャープルのアーディル・シャーヒー朝を中心とする5王朝連合軍とターリコータに戦い,敗北した。この王国は領内にマンガロール,カリカット,プリカットなどの良港をもち,外国貿易で栄え,その繁栄は当時この地を訪れたヨーロッパ人を驚かせた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビジャヤナガルおうこく【ビジャヤナガル王国】

14世紀初めからイギリス東インド会社の侵入までの約300年間,南インド一帯を統治したヒンドゥー王国。1336‐1649年。サンガマSangama朝(1336‐1485),サールバSāluva朝(1486‐1505),トゥルバTuluva朝(1505‐69),アーラビードゥĀravīdu朝(1569‐1649)という,血統の異なる四つの王統によって継承された。ハリハラHarihara,ブッカBukka2兄弟が創建したといわれる王国は,ハンピ(現,カルナータカ州ベッラーリ県)近郊のビジャヤナガルVijayanagar(〈勝利の町〉の意)を首都としたが,その後,ペヌコンダ,チャンドラギリ,ベロールに遷都した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビジャヤナガル王国
びじゃやながるおうこく
Vijayanagar

南インドの王国。四つの王朝が交替し、14世紀中葉から17世紀中葉にかけてクリシュナ川以南の半島部を支配した。14世紀初頭の南インドは、デリー・サルタナット軍の侵入によって混乱に陥ったが、スルタンからトゥンガバドラー河畔の地の統治をゆだねられたハリハラは反旗を翻し、弟と協力して同川南岸にビジャヤナガラを建設し、1336年その地で戴冠(たいかん)しサンガマ朝を創始した。彼を継いだ弟のブッカの時代には、南方のマドゥライのムスリム政権をも倒し、半島南部を統一し、15世紀前半にはその勢力は北西方オリッサ地方にも伸張した。15世紀末のサールバ朝の時代には、北方のバフマン朝との抗争が激化し、それを食い止めた将軍ナラサ・ナーヤカの子が、16世紀初頭に王位を簒奪(さんだつ)し、トゥルバ朝を創始した。それを継いだ弟のクリシュナデーバラーヤはバフマン朝分裂後の北方のムスリム諸勢力と戦って勝利を得、クリシュナ川北岸にまで領土を拡大した。彼は、当時半島西岸部に進出してきたポルトガル人とも友好関係を保ち、王国に最盛期をもたらした。彼の死後ラーマラージャが摂政(せっしょう)となって権力を振るったが、1565年北方のムスリム連合軍と戦ってターリコータの地で大敗し、その結果ビジャヤナガラも落ち、王国は混乱した。ラーマラージャの弟ティルマラは、南東方のベヌゴンダに退いて王位につき、王国は彼の創始したアーラビードゥ朝の下に約100年の余命を保つが、北方からのビジャープール、ゴールゴンダの侵入が相次ぎ、王国各地方ではナーヤカとよばれる地方統治者の勢力が伸び、17世紀中葉ついに滅亡した。
 14~17世紀は海上ルートによる東西貿易の栄えた時代で、中国、ペルシア、ヨーロッパなどの各地からの旅行者が王国を訪れて記録を残している。なかでも16世紀前半のポルトガル人ヌーネスとパイスは、王国のありさまを詳細に記述し、首都ビジャヤナガラを当時世界でいちばん繁栄した都市として称賛している。そのようすは今日ハンピに残る広大な遺跡からもうかがうことができる。ナーヤカによる地方統治については、西欧の封建制度との類似についても指摘されている。王たちはヒンドゥー教を信奉し、とくにそのビシュヌ派に厚い保護を与えた。寺院建築様式としては、柱の装飾が華美になり、門塔(ゴープラム)が高くそびえるのがこの時代の特徴である。[辛島 昇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のビジャヤナガル王国の言及

【インド】より

…デリーの政権は14世紀初めに南インドにまで支配権を及ぼしたが,同世紀の半ばに弱体化し,その結果,亜大陸各地にイスラム,ヒンドゥー教を奉ずる諸王国の独立をみた。そのうちのビジャヤナガル王国(14~17世紀)は,デカン南部に興り,近隣のイスラム諸政権に対抗しつつヒンドゥー教とインド古来の伝統を守った。この王国はまた海上貿易で巨富を得た。…

【カルナータカ[州]】より

…8~10世紀にはカンナダ人王朝ラーシュトラクータが成立し,その下でカンナダ文学・建築などが発展した。12世紀ころに始まるイスラム教徒(ムスリム)勢力の侵攻に対抗して,ヒンドゥー教徒勢力として再興したのが,州中部のビジャヤナガルに首都をおくビジャヤナガル王国(1336‐1649)であった。これらの諸王朝はデカン高原と西海岸を版図に収め,海上交易を重視していた。…

【地主】より

…しかもこれらの土地所有者は必ずしも直接耕作者ではなく,地主や領主の性格をもつ者であった。イスラム勢力の直接的な支配を受けなかったビジャヤナガル王国では,バラモンの地主以外に,レッディ,ベラーラ,ガウンダなどの非バラモン有力カーストの中から,数ヵ村ないし数十ヵ村の所領を支配し,水利権,徴税権,軍事権を保持する者も現れた。彼らの中でとくに有力な者はナーヤカと呼ばれ15世紀以降には数県にまたがる地域を一円支配する領主となる者もいたし,また,ナーッタム,パーライヤッカーラン(ポリガール)と呼ばれる地主・小領主層も南インドの南部に現れた。…

※「ビジャヤナガル王国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ビジャヤナガル王国の関連キーワードアブド・アッラッザーク・アルサマルカンディーカーパーレーシュワラ寺院ビルーパークシャ寺院ターリコータの戦いビジャープール王国ビジャープル王国タンジャーブールゴルコンダ王国ビジアナガラムタンジャブールマイソール王国カーンチプラムゴア(インド)ライチュールナラシンハ派シャストリベッロールインド美術クルヌールホイサラ朝

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android