コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボス boss

翻訳|boss

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボス
boss

非公式な形で実質的な権力影響力を有している人間をいう。たとえば,特定の集団や地域社会において隠然たる勢力をもって人々の動向を支配し,また世論を左右する人間がボスである。日本では,親方親分,黒幕的人物,大御所などと呼ばれている人間である。また,アメリカの政界では,ボスは公職の候補者指名や選挙運動に影響を与え,官職の情実的任免に介入し,政治資金網を動かすなど,非常に重大な政治的機能を演じている。そして歴代大統領の背後には常にこのようなボスが存在したといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ボス(boss)

親分。親玉。顔役。「政界のボス
組織・部署の長。上司。「うちのボス
車輪などで、軸の取り付けを補強するための円筒形の軸心部分。

ボス(Voss)

ノルウェー南西部の町。バングス湖に面する。オスロベルゲンからのフィヨルド観光の中継地点にあたる。スキーリゾートとしても知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ボス

初期ネーデルラントの代表的画家。ボッシュともいう。本名イェルーン・ファン・アーケンJeroen van Aken。ボスの名は出身地ス・ヘルトーヘンボスの一部からとられた。
→関連項目ウィーン幻想派

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ボス

サントリーホールディングス株式会社が販売するコーヒー飲料のブランド。1992年発売。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ボス【Abraham Bosse】

1602‐76
フランスの版画家,出版者。トゥールに生まれパリに没する。1629年ころパリでJ.カロに出会い技法のうえで影響を受ける。複製版画,創作版画を手がけ,その主題は宗教,科学,歴史,肖像などに及び,当時の社会風俗をよく伝えている。後半,これまでの版画技法を網羅し後世の版画論の規範となった《銅版画法》(1645)や絵画・建築論等多岐にわたる著作を出版。挿絵も描いている。【小池 寿子】

ボス【Hieronymus(Jheronimus) Bosch】

1450ころ‐1516
ネーデルラントの画家。ボッシュ,ボッスともいう。彼の本名はイェルーン・ファン・アーケンJeroen van Akenだが,彼は名をラテン語化し,姓は出身地ス・ヘルトーヘンボスの一部をとり,署名とした。ス・ヘルトーヘンボスで,画家ファン・アーケンA.van Akenの第3子として生まれる。1486‐87年ころシント・ヤン大聖堂の〈聖母マリア兄弟会〉(聖職者平信徒によって構成され,ス・ヘルトーヘンボス市の宗教ならびに文化活動に貢献する団体)の会員となる。

ボス【Medard Boss】

1903‐90
スイスの精神科医,精神分析医。チューリヒ大学医学部卒業。E.ブロイラーに師事。S.フロイトならびにユングから直接の影響を受ける。1950年前後からは哲学者ハイデッガーと親交を結ぶにいたる。彼は《存在と時間》にはじまるハイデッガーの思想が,従来の医学界において支配的であった機械論的・心身二元論的人間観を克服し人間理解への新しい地平を開いたと考え,ハイデッガーの思想を精神医学的な人間理解に忠実に適用した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ボス【boss】

親分。親方。顔役。 「暗黒街の-」
組織・派閥・党などの長。

ボス【Hieronymus Bosch】

ボス【Medard Boss】

1903~1990) スイスの精神科医。ハイデッガーの現存在分析論を精神医学に導入し、機械論的人間観を克服しようとした。著「夢―その現存在分析」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

367日誕生日大事典の解説

ボス

生年月日:1780年2月2日
オランダ東インド総督(在任1830〜33)
1844年没

ボス

生年月日:1903年10月4日
スイスの精神医学者
1990年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内のボスの言及

【マシーン】より

…地方の党組織は,選挙において多くの票を獲得するために活発な日常活動を行っている。この地方の党組織を牛耳っているのが,ボスと呼ばれる指導者である。マシーンという言葉は,党の組織が,ボスの命令に従って自動的に機械のように操縦されることから名づけられたものである。…

【オランダ美術】より

…西正面に接して単独で高くそびえ立つ同大聖堂の塔(1382完成)は多くの追随を生み,以後,塔はオランダ建築の特徴の一つとなった。14世紀にはハレンキルヘがドイツから伝わり,また煉瓦を主建材とし木造円筒ボールトを備えたフランドル・ゴシック式教会堂が北海沿岸地域に広く普及した(デルフトの旧教会など)が,同世紀後半からは石材を用いたより大規模なブラバント・ゴシック建築が優位を占め,15世紀にはいっていっそうの発展を見せる(ス・ヘルトーヘンボスの聖ヤン教会ほか)。ゴシックの伝統は教会堂建築において以後も長らく保たれ,その超克には17世紀の到来を待たねばならなかった。…

【風刺画】より

…たとえば,修道士が糸巻棒でふいごを操れば,それに合わせて人妻が踊る,といった2人の仲を揶揄した作例(がそれである。また中世後期のボスは祭壇画《乾草の車》で,乾草の車に執着する随行員として,教皇,司教,王,貴族,下位聖職者だけでなく,市民や農民などあらゆる階級を描くことで,人間の心に潜む〈貪欲〉を暴き出している。 ルネサンス期ドイツでは,L.クラーナハが《不似合いなカップル》のテーマを量産し,老人とその財産目当ての若い娘との不自然な組合せを描き,当時の堕落した社会風俗を批判している。…

【風俗画】より

…他方,ベロネーゼは《レビ家の饗宴》(1573)で,華やかな饗宴,道化,酔漢,犬など主題に直接関係のない〈風俗的要素〉で画面を賑わしたため,異端審問所の召喚を受け,題名の変更を余儀なくされた。 北方ではH.ボスが《手品師》で騙(だま)されやすい人間,《阿呆船》で快楽にふける聖職者への風刺(つまり中世的な教訓)をこめながらも,宗教的枠組みから主題を解放した。ボスの伝統を継承するP.ブリューゲル(父)はフランドルの諺,子どもの遊戯,農民の婚宴や祝祭を表し,庶民のバイタリティ,日常の知恵,生活文化を記念碑化した。…

【フランドル美術】より

…海岸地帯では乏しい自然石のかわりに煉瓦を用いた木造穹窿(きゆうりゆう)の等高式教会堂(ハレンキルヘ)が生まれ,この形式は海岸沿いに北部ネーデルラントにも伝えられた。14世紀にはブラバント地方でゴシック様式が発展し,フランドル最大のアントウェルペン(アントワープ)大聖堂や幻想的な彫刻装飾をもつス・ヘルトーヘンボスの聖ヨハネ教会が建設された。華麗な末期ゴシックはその後も久しくフランドルの国民的建築様式として繁栄し,とりわけ尖頭アーチと彫像で壁面をおおわれ大小の塔をいただいた各地の市庁舎(ブリュッセル,ルーバン。…

【サディズム】より

…そしてサディスティックな行為が自己自身の感覚の増大を生じ,そのような感覚の変化が反復して求められるようになるのだと考える。これに対してゲープザッテルと同じく人間学派に属するM.ボスは,以上の見方に反対し,たとえゆがめられた形においてではあってもサディズムも恋愛的世界内存在可能性に到達しようとする試みであると解釈している。マゾヒズム【下坂 幸三】。…

※「ボス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ボスの関連キーワードボッシュ(Hieronymus Bosch)クリネックス ソフティ〈ピュアホワイト〉ボス(ファン・デン・ボス)イトマンECOライトタオルサントリーホールディングスイトマンクローバータオルケープ植物区保護地域群スバル シートペーパーイトマンシートペーパーポリティカル・マシーンイトマンライトタオルバヤジッドボスタミ廟H. ヴィラ・ロボスボストーク・ロケットパベル ベリヤエフダブルエンボス加工イトマン抗菌タオルイトマンクローバーゴッドファーザー高宕山自然動物園

ボスの関連情報