コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュラーフ Schlaf, Johannes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュラーフ
Schlaf, Johannes

[生]1862.6.21. クウェアフルト
[没]1941.2.2. クウェアフルト
ドイツの小説家,劇作家。 A.ホルツと合作した小説『ハムレット親父』 Papa Hamlet (1889) および戯曲『ゼーリッケ一族』 Die Familie Selicke (90) はドイツの自然主義文学に決定的な影響を及ぼした。その作風は徹底自然主義と呼ばれ,自然の瞬間をとらえる細密描写に特色があった。のちに宗教的神秘主義に移行した。ほかに,戯曲『エルツェ親方』 Meister Oelze (92) ,小説『第3の国』 Das dritte Reich (1900) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュラーフ
しゅらーふ
Johannes Schlaf
(1862―1941)

ドイツの作家。チューリンゲン地方に生まれる。ハレ大学で学んだのち、1885年にベルリンに出て、台頭してきた自然主義運動の指導者たちと交わり、とくにアルノー・ホルツとは80年代の終わりに緊密な共同創作を行い、環境の細密描写を特徴とする小説『パパ・ハムレット』(1889)、『ある死』(1889)や、徹底自然主義の代表作といわれる戯曲『ゼーリッケ一家』(1890、自由劇場初演)を発表した。ホルツと決別して戯曲『エルツェ親方』(1892)を書いたが、以後しだいに印象主義的な作風に転じ、叙情詩や新しい世界観を示す長編小説を発表した。[岩淵達治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シュラーフの関連キーワードスリーピング・バッグスリーピングバッグダウン・ジャケットアルノー ホルツハウプトマンハーシム家シャリーフドイツ演劇6月21日岩淵達治寝袋寝具

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android