コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショウジョウガイ Eleuterospondylos regius; regal thorny oyster

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ショウジョウガイ
Eleuterospondylos regius; regal thorny oyster

軟体動物門二枚貝綱ウミギクガイ科。殻長 10cm,殻高 11cm,殻幅 6cm。殻は類円形で厚質堅固,右殻は岩に付着し,深くふくらみ,左殻のふくらみは弱い。殻頂の両側の線はまっすぐで,小さい翼状突起があるが,左殻にはさらに三角形の平らな靭帯面がある。右殻表は橙色から赤褐色で6~7本の強い放射肋があり,その上に長い鰭状突起が並ぶ。また,それらの肋間にも弱い放射肋がある。内面は白色で周縁は紅色。紀伊半島以南,東南アジア浅海岩礁に付着する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ショウジョウガイ
しょうじょうがい / 猩々貝
king thorny oyster
[学]Spondylus regius

軟体動物門二枚貝綱ウミギクガイ科の二枚貝。普通は殻長7センチメートル、殻高8センチメートル、殻径3.5センチメートルぐらいであるが、大形のものは殻長15センチメートル以上にもなる。紀伊半島以南、沖縄、華南、フィリピンなどに分布し、潮間帯下より水深50メートルぐらいの岩礁にすむ。右殻の殻頂部分で岩に固着する。殻色は鮮やかな赤橙(せきとう)色ないし紫紅色。左殻の表面に多くの小棘(しょうきょく)列を生じ、さらに太くて長い棘列が6~7列ある。大棘の先端が多少葉状に広がったものをセンニン(仙人)ショウジョウガイとよぶ。右殻には三角形の靭帯(じんたい)面があり、かみ合せには1対の大きな突起がある。内面は白い。観賞用にされる。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android