コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショウジョウガイ ショウジョウガイ Eleuterospondylos regius; regal thorny oyster

2件 の用語解説(ショウジョウガイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ショウジョウガイ
ショウジョウガイ
Eleuterospondylos regius; regal thorny oyster

軟体動物門二枚貝綱ウミギクガイ科。殻長 10cm,殻高 11cm,殻幅 6cm。殻は類円形で厚質堅固,右殻は岩に付着し,深くふくらみ,左殻のふくらみは弱い。殻頂の両側の線はまっすぐで,小さい翼状突起があるが,左殻にはさらに三角形の平らな靭帯面がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ショウジョウガイ
しょうじょうがい / 猩々貝
king thorny oyster
[学]Spondylus regius

軟体動物門二枚貝綱ウミギクガイ科の二枚貝。普通は殻長7センチメートル、殻高8センチメートル、殻径3.5センチメートルぐらいであるが、大形のものは殻長15センチメートル以上にもなる。紀伊半島以南、沖縄、華南、フィリピンなどに分布し、潮間帯下より水深50メートルぐらいの岩礁にすむ。右殻の殻頂部分で岩に固着する。殻色は鮮やかな赤橙(せきとう)色ないし紫紅色。左殻の表面に多くの小棘(しょうきょく)列を生じ、さらに太くて長い棘列が6~7列ある。大棘の先端が多少葉状に広がったものをセンニン(仙人)ショウジョウガイとよぶ。右殻には三角形の靭帯(じんたい)面があり、かみ合せには1対の大きな突起がある。内面は白い。観賞用にされる。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ショウジョウガイの関連キーワードイガイ二枚貝類孔雀貝撞木貝二枚貝海菊貝海茸貝猩猩貝軟体類二枚貝綱

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ショウジョウガイの関連情報