コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショウビン

世界大百科事典 第2版の解説

ショウビン

カワセミ類の鳥の別称。日本に分布しているカワセミ科の鳥で,この呼称が標準和名に用いられている種は,アカショウビン,ヤマショウビン,ナンヨウショウビン,ミヤコショウビンである。カノコショウビンはヤマセミの別称。現在では,ショウビンということばを独立して用いることはほとんどない。カワセミ【安部 直哉】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ショウビンの関連キーワード日本のラムサール条約登録湿地直峰松之山大池県立自然公園川蝉・川蟬・翡翠・魚狗ヤマセミ(山翡翠)ミヤマショウビン山魚狗・山翡翠平井 照敏深山翡翠浜下り水恋鳥宮古島翡翠

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android