コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショーデルグラン Södergran, Edith

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ショーデルグラン
Södergran, Edith

[生]1892.4.4. ペテルブルグ
[没]1923.6.24. ライボラ
フィンランドの女流詩人。スウェーデン語で書いた。モダニズムの天才詩人として北欧詩壇をリード。ことに生への強い意志と死に対する深い諦観から発せられる予言的な叫びは力強く,ニーチェの影響が色濃い。ペテルブルグのドイツ人学校で初等教育を受けたが,16歳で結核発病,長く貧しい闘病生活ののち,短い詩作生活でありながら,『詩』 Dikter (1916) ,『9月の竪琴』 Septemberlyran (18) ,『ばらの祭壇』 Rosenaltaret (19) ほか,珠玉の詩篇を多数残した。後期の詩では信仰を探究した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ショーデルグラン
しょーでるぐらん
Edith Irene Sdergran
(1892―1923)

フィンランドの女性詩人。幼少期をロシアのサンクト・ペテルブルグで過ごすが、ロシア革命で資財を失いフィンランドに移り住む。16歳で結核発病。長く貧しい闘病生活、ニーチェへの傾倒、生への強い意志、死に対する諦観(ていかん)などから発せられる、予言的で独断的な叫びの詩を残した。旧習からの解放と確たる未来を暗示する挑戦的な人生観を新表現法で示した。マヤコフスキー、T・S・エリオット、パウンド、後期リルケらと同時代であった。死後、モダニズムの天才詩人として、まず北欧で、ついで英米語圏で評価が高まった。作品には『詩』(1916)、『九月の竪琴(たてごと)』(1918)、『バラの祭壇』(1919)、『未来の陰』(1920)などがある。[高橋静男・末延 淳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ショーデルグランの関連キーワードマヤコフスキー北欧文学

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android