コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シリケンイモリ Cynops pyrrhogaster ensicauda; sword-tailed newt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シリケンイモリ
Cynops pyrrhogaster ensicauda; sword-tailed newt

サンショウウオ目イモリ科。日本内地のイモリの琉球亜種。指が比較的太短くて,下面が淡赤褐色。また,一般に尾が長い。奄美大島徳之島沖縄本島渡嘉敷島などに分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シリケンイモリ
しりけんいもり / 尻剣井守
[学]Cynops pyrrhogaster ensicauda

両生綱有尾目イモリ科の動物。内地のアカハライモリ(日本ではイモリと通称される種)の亜種で、奄美(あまみ)諸島、沖縄諸島に分布する。低地の水田や山道に沿った溝に多い。全長10~14センチメートル。背面は黒褐色で、背中と背側部に計3本の赤い縦条をもつもの、灰色の地衣状斑(はん)をもつものなどがある。腹面は橙黄(とうこう)色で、小黒斑が散在する。産卵期は長く、12月から翌年の8月にわたる。水中でアカハライモリとよく似た繁殖行動を行ったのち、雌は単独で水草や枯れ葉の間に卵を1個ずつ産み付ける。[倉本 満]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のシリケンイモリの言及

【ニホンイモリ】より

…卵は1個ずつ水草に産みつけられる。南西諸島には尾の長いシリケンイモリC.ensicaudaが分布する。イモリ【松井 孝爾】。…

※「シリケンイモリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シリケンイモリの関連キーワードガラスヒバァ