コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シロナマコ Paracaudina chilensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シロナマコ
Paracaudina chilensis

棘皮動物門ナマコ綱隠足目イモナマコ科。体長 10cm内外。体は紡錘形後部が尾状に伸びている。帯白色で,内臓が少し透き通って見える。触手は 15本。浅海の砂に埋もれて生活するため,管足いぼがなく,体表はなめらかである。太平洋に広く分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シロナマコ
しろなまこ / 白海鼠
[学]Paracaudina chilensis

棘皮(きょくひ)動物門ナマコ綱シロナマコ科に属する海産動物。ウジムシを大きくしたような形の白っぽいナマコ。体は筒形で、後方部分が急に細まって尾のように長く伸びる。体表にいぼや管足などの突起物がまったくない。体壁は薄く、多数の横じわがある。全体に淡汚黄色を帯び、内臓部分は暗色に透けてみえる。内湾の砂泥中に潜り、体を斜めに横たえて肛門(こうもん)を上向きにし、高さ4~5センチメートルの小山をつくる習性がある。産卵期は5月と11月。北海道南西部、陸奥(むつ)湾、佐渡島のほか、中国北部、ニュージーランド、チリ沿岸にも分布する。[重井陸夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シロナマコの関連キーワード白海鼠

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android