コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シロナマコ シロナマコ Paracaudina chilensis

2件 の用語解説(シロナマコの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シロナマコ
シロナマコ
Paracaudina chilensis

棘皮動物門ナマコ綱隠足目イモナマコ科。体長 10cm内外。体は紡錘形で後部が尾状に伸びている。帯白色で,内臓が少し透き通って見える。触手は 15本。浅海の砂に埋もれて生活するため,管足やいぼがなく,体表はなめらかである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シロナマコ
しろなまこ / 白海鼠
[学]Paracaudina chilensis

棘皮(きょくひ)動物門ナマコ綱シロナマコ科に属する海産動物。ウジムシを大きくしたような形の白っぽいナマコ。体は筒形で、後方部分が急に細まって尾のように長く伸びる。体表にいぼや管足などの突起物がまったくない。体壁は薄く、多数の横じわがある。全体に淡汚黄色を帯び、内臓部分は暗色に透けてみえる。内湾の砂泥中に潜り、体を斜めに横たえて肛門(こうもん)を上向きにし、高さ4~5センチメートルの小山をつくる習性がある。産卵期は5月と11月。北海道南西部、陸奥(むつ)湾、佐渡島のほか、中国北部、ニュージーランド、チリ沿岸にも分布する。[重井陸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シロナマコの関連キーワード棘皮動物海鼠白海鼠海鼠餅藤海鼠シロナマコ(白海鼠)ナマコ(海鼠)マナマコ(真海鼠)ムラサキクルマナマコ(紫車海鼠)ユメナマコ(夢海鼠)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シロナマコの関連情報