シンガサリ朝(読み)シンガサリちょう(英語表記)Singhasari

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャワ東部に栄えた王朝 (1222~92) 。始祖ケン・アンロクで,クディリ朝最後の王クルタジャヤを殺して即位,ラージャサ王と称した。王妃デデスと先夫の間の子アヌーサパティは5年後にラージャサを殺して第2代の王となり,以後王統は両系統に交互に受継がれた。第5代の王クルタナガラモンゴル帝国のインドネシア進出を恐れて対策に苦心し,スマトラ,マレー半島,西部ジャワ,マドゥラ,バリなどに一致して敵にあたるための同盟を提案し,かなりの影響力をもったと伝えられる。元の皇帝フビライ (忽必烈) の朝貢勧告を拒み,その遠征軍の到来を待たずに,部下のジャヤカトワンに暗殺され,王朝は滅びた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android