コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シンガサリ朝 シンガサリちょうSinghasari

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シンガサリ朝
シンガサリちょう
Singhasari

ジャワ東部に栄えた王朝 (1222~92) 。始祖はケン・アンロクで,クディリ朝最後の王クルタジャヤを殺して即位,ラージャサ王と称した。王妃デデスと先夫の間の子アヌーサパティは5年後にラージャサを殺して第2代の王となり,以後王統は両系統に交互に受継がれた。第5代の王クルタナガラはモンゴル帝国のインドネシア進出を恐れて対策に苦心し,スマトラ,マレー半島,西部ジャワ,マドゥラ,バリなどに一致して敵にあたるための同盟を提案し,かなりの影響力をもったと伝えられる。元の皇帝フビライ (忽必烈) の朝貢勧告を拒み,その遠征軍の到来を待たずに,部下のジャヤカトワンに暗殺され,王朝は滅びた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

シンガサリちょう【シンガサリ朝】

ケン=ロックがクディリ朝を滅ぼして、東部ジャワのシンガサリを都として建てた王国(1222~1292)。シュリービジャヤに遠征中、クルタナガラ王がジャヤカトワンに殺され、滅亡。ジャワ仏教が栄えた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シンガサリ朝
しんがさりちょう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シンガサリ朝の関連キーワードナーガラクルターガママジャパイト王国ラデン・ビジャヤ室利仏誓ケン・アンロックブランタス[川]インドネシア史マジャパイトシンガサリパララトンクディリ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android