コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シンガサリ朝 シンガサリちょう Singhasari

3件 の用語解説(シンガサリ朝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シンガサリ朝
シンガサリちょう
Singhasari

ジャワ東部に栄えた王朝 (1222~92) 。始祖はケン・アンロクで,クディリ朝最後の王クルタジャヤを殺して即位,ラージャサ王と称した。王妃デデスと先夫の間の子アヌーサパティは5年後にラージャサを殺して第2代の王となり,以後王統は両系統に交互に受継がれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

シンガサリちょう【シンガサリ朝】

ケン=ロックがクディリ朝を滅ぼして、東部ジャワのシンガサリを都として建てた王国(1222~1292)。シュリービジャヤに遠征中、クルタナガラ王がジャヤカトワンに殺され、滅亡。ジャワ仏教が栄えた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シンガサリ朝
しんがさりちょう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シンガサリ朝の関連キーワードラーケンランケンけんのみけんぱケンタケンケンとびのけんちゃんとめけんふりけん

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone