コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シンチレーションカメラ scintillation camera

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シンチレーションカメラ
scintillation camera

シンチカメラ,ガンマカメラ,または発明者の名をとってアンガカメラなどともいう。人体に投与された放射性同位元素から放射されるγ線の位置と強度を,多数のヨウ化ナトリウム結晶などの検出器によってとらえ,そこで発生したケイ光を光電子増倍管によって増幅してブラウン管のスクリーン上に光のスポットとして描かせて,体内分布像をイメージ化する装置。核医学検査装置の有力なものの1つである。検出器を体表面上で走査 (スキャン) させる装置をシンチスキャナというのに対し,シンチカメラは検出器を固定し移動させない。なお,シンチレーションという語は,もともとは天文学で星のまたたきをいう言葉であるが,放射線測定の場合には,放射線が通過した物質の原子がエネルギーを与えられて励起され,そのエネルギーを可視光線に変えて弱い閃光を放射して,基準状態に戻る現象をいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

シンチレーション‐カメラ(scintillation camera)

身体内に投与した放射性同位体から出るγ(ガンマ)線などの分布状態を画像に映し出すことによって患部の診断を行う撮影装置。放射線カメラ。ガンマカメラ。シンチカメラ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シンチレーションカメラ
しんちれーしょんかめら

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シンチレーションカメラの関連キーワード骨シンチ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android