コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シーギリヤ壁画 シーギリヤへきがSigiriya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シーギリヤ壁画
シーギリヤへきが
Sigiriya

スリランカのセイロン島中心部のジャングルの中に突出した岩山シーギリヤの中腹にある洞窟壁画。シーギリヤは「ライオンの山」を意味する。岩山の周辺には宮殿の遺構があり,頂上には煉瓦で築いた建築の遺構もみられる。壁画はカッサパ王 (在位 478~496頃) の時代に描かれたものと推察される。アプサラス (天女) 像と,それを取り巻く女人像が描かれている。細くしなやかな肉身をもった女性の表現は,南インドの美術を受け継いだもので,中世以後の南インドのブロンズ女神像に共通するものがある。またアジャンタ石窟の様式に似ているともいわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シーギリヤ壁画の関連キーワードスリランカ美術スリランカ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android