コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジェズカズガン州 ジェズカズガンDzhezkazgan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジェズカズガン〔州〕
ジェズカズガン
Dzhezkazgan

カザフスタン中部の州。 1973年,それまでのカラガンダ州から分離新設。州都ジェズカズガン。カザフ丘陵南西部を占め,バルハシ湖が南東境をなす。乾燥地域で,人口密度は低い。主要産業は鉱業と冶金業で,ジェズカズガン,カルサクパイ,バルハシに銅鉱床があり,採掘のほか精錬も行われている。またアタスーに鉄とマンガンの鉱床,ジェズドゥイに鉄鉱床がある。農業は牧畜が中心である。そのほかバルハシには水産加工工場が立地する。カラガンダとアルマトイを結ぶ鉄道が州東部を通り,西部のジェズカズガンへその支線が延びている。面積 31万 2600km2。人口 48万 4400 (1995推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ジェズカズガン州の関連キーワードカザフスタン

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android