ジェッダの歴史地区:メッカへの玄関口(読み)ジェッダのれきしちく メッカへのげんかんぐち

世界遺産詳解の解説

ジェッダのれきしちく メッカへのげんかんぐち【ジェッダの歴史地区:メッカへの玄関口】

2014年に登録された世界遺産(文化遺産)。ジェッダはサウジアラビアの西部、マッカ・アル・ムカッラマ地方にある紅海の東岸に面し、聖地メッカの西約70kmほどに位置する港湾都市。メッカはイスラム教最大の聖地とされており、イスラム教の5つの義務(五行)の一つであるハッジ(巡礼)を行うムスリム(イスラム教徒)で賑わっている。7世紀にエジプトから紅海を経てインド洋に至る交易ルートの主要港として整備され、メッカへの物資の経路として繁栄した。また紅海経由で到着した巡礼者のための玄関口となり、多様な文化を育む中心地として発展した。19世紀後半に富裕商人によって建てられた7階建てのタワーハウスや、紅海沿岸のサンゴを用いた建物など伝統建築技術を特徴とし、古代から伝わる港やモスク、スーク(市場)では世界各地の商品が扱われており、活気に満ちた街並みを形成している。これらが歴史的に価値のある貴重な例証として評価され、世界遺産に登録された。◇英名はHistoric Jeddah, the Gate to Makkah

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android