ジエーバー(読み)じえーばー(英語表記)Ivar Giaever

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジエーバー
じえーばー
Ivar Giaever
(1929― )

ノルウェー生まれの物理学者。薬剤師の息子として、ベルゲンに生まれる。1952年にノルウェー工科大学の機械工学科を卒業。翌1953年兵役についたのち、ノルウェー政府の特許審査官となった。1954年カナダに渡り、1956年にはアメリカへ移住した。1958年からゼネラル・エレクトリック社の研究開発センターに勤務のかたわら、レンスラー工科大学で学び、1964年に博士号を取得、またアメリカの市民権を得て帰化した。1988年にゼネラル・エレクトリック社を退社して、レンスラー工科大学の教授となった。

 1958年から1969年まで、薄膜、トンネル効果、超伝導の研究を続け、とくに1960年に超伝導体におけるトンネル効果の測定に初めて成功したことが大きく評価されている。1973年には半導体におけるトンネル効果を発見した江崎玲於奈(れおな)、ジョセフソン効果を理論的に予言したジョセフソンともに、超伝導体におけるトンネル効果の発見によりノーベル物理学賞を受賞した。1970年以降は生物物理学の分野に転じている。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる