コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャウンプル王国 ジャウンプルおうこくJaunpur

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャウンプル王国
ジャウンプルおうこく
Jaunpur

北インド,ガンジス川中流域にあった王国 (1394~1479) で,シャルキー朝のこと。トゥグルク朝の武将であったサルワルが,チムール (帖木児) の侵入によってトゥグルク朝が衰亡した際に,独立して建設した。その首都ジャウンプルはゴマティ川岸にあり,すぐれた建造物などの遺跡を残している。この王朝はデリーに勢力を張ったロディー朝との間に長年にわたる抗争を続けたが,15世紀末最終的に敗れて滅亡した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android