ジャック ドロール(英語表記)Jacques Lucien Jean Delors

現代外国人名録2012の解説

ジャック ドロール
Jacques Lucien Jean Delors


国籍
フランス

専門
政治家;労組市民活動家

肩書
我々のヨーロッパ会長 EU欧州委員会委員長

生年月日
1925/7/20

出生地
パリ

学歴
パリ大学法学部卒

経歴
1945〜62年フランス国立銀行勤務。この間夜学に通い経済学を学ぶ。人民共和運動(MRP)政党員を経て、キリスト教民主主義系の労働組合(CFTC)で活動。’50年総裁官房入り。’59年クラブ“市民60”を結成し、市民教育に尽力。’59〜61年経済社会審議会委員。’62〜69年計画庁社会局長を務め、労資協調に取り組む。’69年および’71〜72年シャバンデルマス内閣で審議官。’73〜79年パリ銀行理事。かたわらパリ大学、国立行政学院で経済学や経営学を講じる。’74年フランス社会党入党。’76年から同党国際経済担当。’79年欧州議会経済・通貨委員長。’81年5月〜84年7月ミッテラン政権下の財務・経済相。’85年1月EC(欧州共同体)委員長に就任。’89年“ドロール報告”を結成、マーストリヒト条約への道筋をつける。ソ連・コメコン東欧諸国との外交交渉をまとめあげ、東西欧州関係に新風を送るとともに、’92年“EC市場統合”に向けて奮戦。’93年11月欧州連合(EU)移行に伴い欧州委員会委員長。雇用創出プログラム「ドロール白書」を欧州首脳に採択させる。’95年1月退任、“ドロールの10年”に幕を閉じる。同年フランス大統領選挙に出馬要請をうけるが辞退。’96年クラブ“我々のヨーロッパ”を設立し、会長。’99年7月経済協力開発機構(OECD)事務総長ドナルド・ジェームス・ジョンストンの特別顧問に就任、成長の持続と雇用の創出などのテーマについて事務総長を補佐する。著書に「社会指標」「変化」など。

受賞
勲一等旭日大綬章(日本)〔1995年〕 エラスムス賞〔1997年〕

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

367日誕生日大事典の解説

ジャック ドロール

生年月日:1925年7月20日
フランスの政治家;労組市民活動家

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android