コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャマール・ウッディーン・アルアフガーニー ジャマール・ウッディーン・アルアフガーニーJamāl al-Dīn al-Afgānī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャマール・ウッディーン・アルアフガーニー
Jamāl al-Dīn al-Afgānī

[生]1838. アサダーバード
[没]1897.3.9. イスタンブール
ペルシア人で汎イスラム主義の提唱者。ヨーロッパ勢力の進出に対抗するためには,イスラム諸国が自由主義的改革を行なって大同団結すべきであると説き,19世紀後半におけるイスラム諸国の解放,近代化運動に大きい影響を与えた。アフガニスタンで実際の政治に関与して以来,イスタンブール,カイロ,パリ,イラン諸都市で活躍し,多くの支持者を集めた。 1892年イスタンブールへおもむき,トルコのアブドゥル・ハミト2世治下における汎イスラム主義の普及に努め,そこで病死した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ジャマール・ウッディーン・アルアフガーニーの関連キーワードムザッファル・ウッディーンカーシム・アミーンカージャール朝アフガニスタンアブドゥフ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android