コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャンボ鶴田 ジャンボ つるた

2件 の用語解説(ジャンボ鶴田の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ジャンボ鶴田 ジャンボ-つるた

1951-2000 昭和後期-平成時代のプロレスラー。
昭和26年3月25日生まれ。中央大在学中にレスリング選手となり,昭和47年ミュンヘン五輪に出場。同年全日本プロレスに入門,ジャイアント馬場らと黄金時代をきずく。のち筑波大大学院コーチ学をまなび,平成11年ポートランド大客員教授。平成12年5月13日マニラ肝臓移植中に死去。49歳。山梨県出身。本名は鶴田友美(ともみ)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

20世紀日本人名事典の解説

ジャンボ鶴田
ジャンボツルタ

昭和・平成期のプロレスラー



生年
昭和26(1951)年3月25日

没年
平成12(2000)年5月13日

出生地
山梨県東山梨郡牧丘町

本名
鶴田 友美(ツルタ トモミ)

学歴〔年〕
中央大学卒,筑波大学大学院体育研究科コーチ学専攻

経歴
日川高時代はバスケットボールの選手としてインターハイ、国体で活躍。中央大学に進学して全日本強化選手となるが、レスリングに転向。昭和47年フリーグレコの両種目で全日本王者に。同年のミュンヘン五輪に参加した後、全日本プロレス旗上げと同時に入門。51年UNヘビー級王座獲得。55年チャンピオンカーニバル初優勝。ジャイアント馬場の後継者となり、58年8月インターナショナル・ヘビー級王座、59年2月AWA世界ヘビー級王座獲得。63年初代世界タッグ王者、平成元年初代3冠統一ヘビー級王者となるなど全日本のエースとして黄金期を築いた。4年B型肝炎を患い入院。以後はスポット参戦を続けた。7年筑波大学大学院体育研究科に入学、スポーツ生理学などを学ぶ。また慶応義塾大学、桐蔭学園横浜大学、中央大学などの非常勤講師として、筋力トレーニング法や指導にあたった。11年3月現役を引退。闘病生活の傍ら、米国ポートランド大学客員教授として運動生理学トレーニング理論の研究に取り組んでいたが、12年5月肝臓がんのためフィリピン・マニラ市内の病院で肝臓移植手術中に大量出血し死去。同年6月夫人が臓器移植者を援助するジャンボ鶴田基金を設立。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジャンボ鶴田の関連キーワード山岸純飛鳥井雅道木戸蓊千田夏光辻隆西沢爽三井幸雄柚木学河野道代片桐裕

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジャンボ鶴田の関連情報