ジュヌヴィエーヴ ビュジョルド(英語表記)Genevieve Bujold

20世紀西洋人名事典の解説

ジュヌヴィエーヴ ビュジョルド
Genevieve Bujold


1942.7.1.(1944.、1945.説もあり) -
女優。
カナダのモントリオール生まれ。
修道院付属のミッション・スクールに学ぶが放校になり、演劇学校に学び卒業2ヶ月後に「セビリアの理髪師」の舞台に立つ。1965年にモントリオール・レパートリー・カンパニーの一員としてフランスを巡業した際、アラン・レネ監督に見いだされ、’66年の「戦争は終わった」のイブ・モンタンの相手役に抜擢された。同作品で新人賞を獲得し、確実に若手女優の地位を確立し、’69年に「1000日のアン」でアカデミー賞の主演女優賞候補になった。作品はほかに「ベルモンドの怪人二十面相」(’75年)、「続・男の女」(’77年)、「タイトロープ」(’84年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android