コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジョン カー John Kerr

20世紀西洋人名事典の解説

ジョン カー
John Kerr


1824.12.17 - 1907.8.18
英国(スコットランド)の物理学者。
アードロッサン生まれ。
大学で物理学を学び、トムソンに指導を受ける。ついで牧師を志し、独立教会派の神学校に転じ神学を学ぶが聖職者にならず、1857年グラスゴーの自由教会教員養成大学数学講師となる。’90年王立協会会員に選ばれ、’98年ロイヤル・メダルを贈られる。光の複屈折現象「カー効果」の発見をし、電磁場と物質の相互作用の研究の先駆者の一人となる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ジョン カー

生年月日:1824年12月17日
イギリスの物理学者
1907年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

ジョン カーの関連キーワードエドマンド・ゴドフリー卿殺害事件アラビアンナイトの殺人エレヴェーター殺人事件死が二人をわかつまでハイチムニー荘の醜聞眠れるスフィンクスニューゲイトの花嫁皇帝のかぎ煙草入れロンドン橋が落ちるバトラー弁護に立つ赤い鎧戸のかげでテニスコートの謎貴婦人として死すヴードゥーの悪魔ビロードの悪魔時計の中の骸骨一角獣殺人事件帽子収集狂事件仮面劇場の殺人亡霊たちの真昼

ジョン カーの関連情報