ジョン カー(英語表記)John Kerr

20世紀西洋人名事典の解説

ジョン カー
John Kerr


1824.12.17 - 1907.8.18
英国(スコットランド)の物理学者。
アードロッサン生まれ。
大学で物理学を学び、トムソンに指導を受ける。ついで牧師を志し、独立教会派の神学校に転じ神学を学ぶが聖職者にならず、1857年グラスゴーの自由教会教員養成大学数学講師となる。’90年王立協会会員に選ばれ、’98年ロイヤル・メダルを贈られる。光の複屈折現象「カー効果」の発見をし、電磁場と物質の相互作用の研究の先駆者の一人となる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ジョン カー

生年月日:1824年12月17日
イギリスの物理学者
1907年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジョン カーの関連情報