コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジョンソンシティー Johnson City

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジョンソンシティー
Johnson City

アメリカ合衆国,テネシー州北東部にある都市。 1760年代に入植。 1857年鉄道が通じ,南北戦争時にはヘイネスビルと呼ばれた。 69年に現在の地名に戻った。農業地域の中心で,工業は衣料,家具,建材など多くの種類にわたっている。石灰石の出荷地でもある。人口4万 9381 (1990) 。

ジョンソンシティー
Johnson City

アメリカ合衆国,ニューヨーク州南部の町。東のビンガムトン市に連接する。製靴,カメラ,フェルト製造が主産業。人口1万 6890 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ジョンソンシティーの関連キーワードアメリカ合衆国

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android